2015
06/11

COMMENTS:
No Comments »

残業が多いが収入になる

前の会社での話なんですが、仕事自体はシンプルなものでしたがかなりな残業がありまして。もちろんそれがもとで転職するような方もいましたが、どちらかと言えば1度この現場で1月過ごせば、もう転職しない、出来る限りここにいる、という輩が結構いました。理由もシンプル。残業代が半端ないんです。

残業代の基準自体はもちろん、労働基準法に則ったものではありましたが、何せ時間が多いものですから、場合によっては基本給よりも残業代の方が高い、というような給料明細になることも多々ありました。もちろん、その代わり勤務自体はかなりハードで、一時期は本当に寮やアパートには帰って寝るだけ、という生活がしばらく続いたりしたものです。

しかし言い方を変えれば、それに耐えられるだけのタフネスがあれば、結構な稼ぎを叩き出すこともできる、というわけです。正直、そこまでやるなら今ですとブラック企業と言われそうなものですけどね。しかしきちんと残業代を出してくれていましたので、勤務形態自体はかなりめちゃくちゃではありますが、それを目当てにがんばる輩が残るわけです。

それともう1つ良い点が。
そういう体力勝負の仕事でしたので、現場に体育会系の繋がりのようなものができてまして、非常にチームワークは良かったです。色々あって転職した今でも、当時のメンツと連絡を撮り合って、たまに会ったりしますし。やはり逆境というのは、人を団結させるものなのですね。どうしてこんな話になるのか、と言いますと、今の会社のぬるさ加減に正直、辟易していた時にふと思い出したのです。野球チームでの作ってみたらいいのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です